1位作りの組織戦略

動きが早くて、強い競争力を発揮する弱者の戦略の組織作り

 あなたの会社、組織の活力が落ちて競争力が弱っていませんか。会社の7割が赤字になるという厳しい状況の中、活力ある組織を作って業績を良くするには、思い切った見直しが必要で、このために作ったのが、このコースです。

 内容はランチェスター法則による「弱者の戦略原則」を組織作りに応用したもので、しかも従業員100人以下の会社の焦点を当てて作っています。

1位作りの組織戦略カリキュラム(全7回)

●1回目

第1章 経営の全体像

 1.経営の目的を改めて押さえる

 2.経営における組織の位置付け

 3.社長と従業員の利害は対立

 4.組織作りの基本思想の確立

 

●2回目

第2章 経営の構成要因と実行の要因

 1.経営の構成要因と実行の構成要因

 2.戦術の語源は兵士の術

 3.戦術リーダーの役目を知る

 4.戦略の語源は将軍の術

 5.戦略の不知が諸悪の根源

 

●3回目

第3章 人員の配分と社長の実力

 1.1位作りと人員の配分

 2.営業部門と間接部門の比率

 3.組織の善し悪しは社長の力で

 4.将来に対する人員の配分

 

●4回目

第4章 人員の人数と組織の階層

 1.経営要因と実行要因のウエイト付

 2.従業員の数で変化する社長の役目

 3.10人迄。平屋建組織(販売業)

 4.10人~30人。2階建組織

 5.30人~100人。3階建組織

 6.100人超。4階建組織

●5回目

第5章 組織作りと社長の実力

 1.チーム型組織

 2.職能型組織

 3.お客起点の組織作り

 4.上司の実力で分かる部下の成長

 5.中小企業は社長の実力に均衡する

 6.実力向上は社長から始めよ

 7.社長自身の学習プラン

 

●6回目

 第6章 従業員教育の進め方

 1.従業員教育の進め方

 2.教育と訓練の違い

 3.訓練が実行への第1歩

 4.良い教育者の条件

 5.教育・訓練の優先順位

 6.基本的な言葉は統一を意味する

 7.戦術リーダーの教育プラン

 

●7回目

 第7章 給料制度と昇進

 1.業績と給料の相関関係

 2.給料制度の考え方

 3.給料の決め方と昇給

 4.スポット型営業の給料制度

 5.賃金制度と人事考課

 6.昇進に対する考え方

 7.分社経営の功罪