1位作りの地域戦略

地域戦略を知らないと損をする‼ この先3年も5年も‼

間違った常識が業績を悪くしている

 

 あなたの会社の営業マンは、1,000円札をバラまきながら走っていませんか。こうなっているのには原因があります。それは営業地域は広い方が売上が上がるという、間違った常識のためです。

 少ない人数で能力以上に広い地域を回ると、生産性マイナスの移動時間が多くなり、結局1,000円札をバラまきながら走ることになるのです。これでは当然業績が悪くなります。

1位作りの地域戦略カリキュラム(全6回)

●1回目

第1章 弱者の地域戦略

  a.粗利益の補給源作りが経営の中心

  b.経営効率が高い補給源とは

  A.強者の戦略概念

  B.弱者の戦略概念

  1.同業100人中3位以内の実力者に

  2.弱者必勝の戦略原則

 

●2回目

第2章 重点地域の決め方

  1.経営における必勝の条件

  2.地域決定の目的は1位の地域作りにある

  3.郡部型一騎打戦的地域の重視

  4.都市型の一騎打戦的地域の重視

  5.中小企業で業績が良い会社

 

●3回目

第3章 最大範囲の決め方

  1.広域営業を避けて狭域営業を

  2.近距離営業の重視する

  3.情報なくして戦略なし

  4.ウェイト付けをする

●4回目

第4章 陶山訥庵の戦略

  1.猪全滅作戦の内容

  2.自ら実地調査をする

  3.実行計画の主要データを集める

 

●5回目

第5章 強い地域の作り方

  1.業界の売上が上位企業に集中の場合

  2.1回あたりの取引高が小口の場合

  3.お客をどこに密集するか

  4.内垣の中をローラー(全数)調査

  5.必勝の販売係を投入

  6.見込客には定期的に訪問

 

●6回目

第6章 地域拡大の手順

  1.植物の激しい競争

  2.原則無視の地域拡大は破滅のもと

  3.人口100万人の都市は市内に出先を

  4.小売業や飲食業の地域戦略

  5.本格的地域拡大の注意点

 

付録。戦略家 陶山訥庵(すやまとつあん)

    八郷の鉄砲で外国軍の攻撃に対応