積極社長の時間戦略

社長の経営習慣を劇的に変えるスーパータイムマネジメント

「モーたくさん。いいかげんにしてもらいたい。時間管理だの時間の上手な使い方は聞き飽きた。これまで時間管理の本は何冊も買ったが、どれも似たり寄ったりでさっぱり面白くない。どうせ成果の8割は2割の仕事から出ているので、大事な2割の仕事から先に手掛けようという、決まり文句の説教だろう・・・。」きっとあなたは晃思われたに違いありません。その気持ちは良く分かります。

 

 実は私もこれまでの時間管理のやり方に、あきあきしていた1人です。ところが競争の法則のランチェスター法則と出会い、これを仕事時間への応用を研究しているうちに、時間の使い方にも全く違った、2種類の方法があることが分かったのです。

積極社長の時間戦略カリキュラム(全5回)

●1回目

 第1章 経営の基本原則と仕事時間

  1.経営原則を再確認する

  2.資源の分析と評価

  3.人的能力の分析と評価をする

  4.これらのレベルは利益が証明

  5.過去の働きを示す自己資本額

  6.あなたはどのコーナーに入るか

 

●2回目

 第2章 時間拡大の戦略

  1.個人の実行力を決める条件とは

  2.必勝の時間・圧勝の時間とは

  3.独立した社長は4~5倍必要

  4.競争条件が不利な会社も同じ

  5.時間戦略と健康管理の原則

 

●3回目

 第3章 時間戦略の続け方

  1.3年までに97%脱落

  2.3年超すと成果が出始める

  3.時間戦略に対する反論

●4回目

 第4章 時間の使い方

  1.社長の役割を正しく押さえる

  2.規模で変わる社長の守備範囲

  3.規模別の時間配分をはっきりさせる

  4.1人~10人規模の時間配分

  5.10人~30人規模の時間配分

  6.30人~100人規模の時間配分

  7.職場を朝型にして活力を増す

 

●5回目

 第5章 人は10倍の可能性を持っている

  1.社長はフルラインの研究が必要

  2.量稽古が人生を変える

  3.人は10倍の可能性を持っている

  4.念じただけでは花は開かない

  5.時間戦略と、成功の条件

  6.ダイヤモンドの土地の教訓